婦人

眼精疲労の対策に効く栄養素|疲れを取って仕事の効率を上げよう

健康食品で補う

ドラッグ

目に良い栄養素

長時間のパソコン作業や睡眠不足などで目を酷使したとき、疲れ目という症状がでてきます。疲れ目は睡眠などで目を休めると治るものですが、一晩ぐっすり眠ったのにピントが合いにくい、頭痛が抜けないなど重い症状の場合は、眼精疲労を疑います。そんな眼精疲労の対策に食生活の改善も考えなければなりません。ビタミン入りの点眼薬が目にいいように、食品で摂るビタミンは目の粘膜を保護し角膜を保つ役割を果たします。ビタミンAが多く含まれる食品はレバーやうなぎ、にんじんやかぼちゃなどです。ナッツ類や豚肉などのビタミンB群も眼精疲労の対策に良い食品です。青魚に多いDHAや、酢やレモンに多いクエン酸、ほうれん草などの緑黄色野菜に含まれるルテインも眼精疲労を改善する食品です。食べ物から補給するのが難しいときは、サプリメントや、健康食品などで栄養補助するようにしてください。

お助け食品のブルーベリー

眼精疲労を改善する栄養素の中でも、特に有効といわれるのがアントシアニンです。アントシアニンには光の明暗を司るたんぱく質のロドプシンを再合成させる働きをもっています。積極的に取り入れることで、眼精疲労の対策に役立てましょう。すでによく知られているブルーベリーはアントシアニンに加え、ルテインも含まれていて目にはうってつけの食品です。ブルーベリーは季節によって店頭でみられないときもありますが、サプリメントなどの健康食品として手に入りやすい食品です。眼精疲労予防の対策として毎日の生活の中に取り入れることをお勧めします。一定の睡眠時間をとり、目のための栄養素を摂ることで目の疲労度は大きく変わります。目の健康のためには、必須栄養素を補うことも大変重要なのです。

グッズや食事を工夫する

眼鏡を外す老人

眼精疲労を対策するために、PCメガネや目薬などを使って疲れ目を防ぐことはとても大切です。また、目の疲れに効くと言われている食材を取り入れた食事をしたり、目の疲れを感じたら無理をせずしっかりと休むなど自分で工夫をして対策する必要があります。

More Detail

目の疲れとは違う症状

サプリ

眼精疲労と目の疲れは違います。目の痛みなどの症状が長く続くのが眼精疲労で、目を休めてもなかなか回復しないのです。眼精疲労の特徴として頭痛を発症することがあります。主に片頭痛などですが、目を疲れさせない対策が必要です。

More Detail

目を癒す効果的な手法

目をこする人

眼精疲労は視覚機能を低下させるだけではなく、肩こりや頭痛の原因ともされます。よって、視覚機能をサポートする栄養素をサプリメントで摂取したり、眼の筋肉のマッサージ等を行い眼の健康状態を保つ対策を講じる事が大切です。

More Detail

Copyright© 2016 眼精疲労の対策に効く栄養素|疲れを取って仕事の効率を上げよう All Rights Reserved.